亜鉛の効果を減少させないために

亜鉛の効果を減少させないために

亜鉛については、吸収を促す効果のある成分だけではなく、吸収を妨げてしまう成分というものが存在します。
これを知らないと、せっかく亜鉛を摂取しても、全く意味のないことになる可能性も高くなります。
さて、どのような成分なのでしょうか。

 

 

  • 葉酸・・・ビタミンB群の一種で、葉物野菜や豆製品などに多く含まれる成分ですが、摂りすぎると亜鉛の吸収を妨げてしまいます。
  • フィチン酸・・・大豆に多く含まれる成分です。
  • ポリリン酸・・・インスタント食品に含まれる成分です。かまぼこにも含まれています。
  • カルシウム・・・乳製品や小魚などに多く含まれる成分です。
  • 鉄・・・プルーンや海藻類、レバーにも多く含まれます。
  • 食物繊維・・・ごぼう、さつまいも、寒天や乾燥させた食品(しいたけ、きくらげ、ひじき)などに多く含まれます。
  • タンニン・・・渋み成分。お茶やワインに多く含まれます。
  • アルコール・・・飲み会の多い人は注意しましょう。ワインはタンニンもアルコールも含んでいることが分かります。

 

 

亜鉛の吸収を妨げる成分って、意外と多いんです。中には、からだによりよい効果をもたらす成分もあるので難しいですよね。
全く摂ったらいけないということではありませんので、同時に摂取しないようにするだけでいいのです。